高校受験 国語読解テクニック 河原塾

高校受験国語に読解力なんて必要ない!

高校受験国語に読解力なんて必要ない!

 

誰でも出来る。文章の意図を容易につかむことが出来る
新しい「読み方」の授業の紹介です。

 

 

⇒ 高校受験・国語読解テクニック

高校受験の国語の勉強法

国語は他の科目に比べて対策が難しいと言えます。

 

問題集の解説を読んでも「なぜその答えになるのか?」が分かりにくい科目です。
作文の添削も自分では不可能に近いと言えます。

 

国語は数学・理科・社会などと異なり類似の問題が出題されるわけではありません。
従って国語は問題を解いているだけでは、なかなか成績が上がりません。

 

例えば数学なら問題演習の数をこなすことで「解き方は分かる」という状態に持っていくことができます。

 

国語にも出題のパターンはありますが、問題文自体が異なります。

 

ですから「この種類の問題はこう解けばいい」といった解法が大変見つけにくい科目でもあります。

 

さらに言えば、国語は出題者(問題を作る人)にとっても大変難しい科目です。

 

なぜなら国語では漢字や文法などの知識問題を除けば、本来は全ての解答が正解です。

 

「作者の意図を書け」「主人公の感じたことを書け」といった問題には
本当の意味での正解は存在しません。

 

国語では「最も妥当な答え」が正解とされます。

 

国語の試験と採点に対して多くの人が「私はこう思うんだけど、
これがなぜ違うと言えるの?」という不満を持ちます。

 

特に成績上位層ほど「国語は勉強しても成績が上がりにくい科目だ。」と考えがちです。

 

国語の成績を上げるには「読書をするのが良い」「新聞の要約をするのが良い」と言われます。

 

この方法では成果がでるのにとても時間がかかるうえに、
どれだけやればいいのか想像がつきません。

 

国語は英語と異なり誰でも読んで答えを書くことができます。

 

この「とりあえず答えられる」という特徴も手伝って
「国語は勉強しても無駄な科目」として敬遠される傾向にあります。

 

本当に国語には効果的な勉強法(対策)がないのでしょうか。

 

河原塾の高校受験国語読解テクニック

中学生がやっても、確実に読解が可能になるという
誰にでも出来る新しい文の読み方があります。

 

⇒ 高校受験・国語読解テクニック